2014
01.04

紙というもの

Category: 雑記的
最近は、ソニーからのメールで電子書籍に手を出したんだけど…。

いやはや、場所を取らないっていいなあと。
本も、汚れちゃうかも、汚れてるかもって思わなくていいし。
ただ読んでて思ったのが、なんとなく、読んだ感というか読んだ余韻というかこんだけ読んだっていう感じがうすいなーってのはあったなあ。
便利なのは、とっても便利だけどね。
いや、新しい本を買うのにお金よりも置き場所を気にしだしたら、電子書籍はほんといいなって思いました。

でも、紙の方がいいな…って思ったのはメモ。
ゴーストの設定とかをテキストにまとめたりしてたんだけど、結局長ったらしくなって、あっちこっちにいろんなことがかいってあって、よくわからなくなった。
まとめかたがわるいんだろうけど…。
で、まとめるまえのまとめというか、テキストになるまえのネタとかは、紙のメモにかきとめておくようにしたら、こっちのほうがきもちがいいなと。
あと、やっぱりパッと思いついたときにさらっとかけるし。
外出中とかはiPhoneのメモがいいけど、そうじゃないときはこの紙のメモがいいなー…。

にしてもメモに使ってるのは、たぶん数年か、10年近く前に買ったものかなあ…
シンプルな青いレターパッドだけど、手紙としてはほとんど使わないままだったやつ。

『紙』シリーズの便箋は、好きで集めて、今はいいなって思ったのがあったら買い足しつつ、オークションの時のお礼にひとこと書くのに使っています。
あつめていたものとかって、使わずに眺めていたんだけど、こうしてちゃんと使うのもいいもんなんだなって、大事にしまっておくだけがそれじゃないんだなあーって思ったりしたのでした。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://petitpoach.blog133.fc2.com/tb.php/247-9d963247
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top